ネットショップ制作・運営・コンサルティングなどのご依頼・ご相談・お問い合わせはこちらから
楽天市場

楽天ワンデリバリー構想とR-Chat開始について

楽天ワンデリバリー構想とR-Chat

2018年7月17日の楽天EXPOにて、楽天がワンデリバリー(One Delivery)構想や、チャット機能について発表しました。

特にワンデリバリーについては、多くのショップに良くも悪くも大きな影響がありそうです。

楽天の売上アップの方法として、しっかりと理解して活用する必要があります。

楽天ワンデリバリー構想

楽天市場_店舗運営Naviから引用

記事の要点をまとめると、このような内容です。

  • 「楽天ワンデリバリー」とは「楽天スーパーロジスティクス」の物流拠点とサービスの拡大、配送網を整備し一元管理
  • 「R-Mail」の配信単価の引き上げと、新サービス「R-Message」開始
  • 「R-Chat」全店舗へ導入開始

楽天ワンデリバリー(One Delivery)とは

現在、店舗向けに提供している「楽天スーパーロジスティクス」の物流拠点とサービス拡大に加えて、自社ブランド配送サービス「Rakuten EXPRESS」配送網を整備し、楽天市場の物流を一元管理するというものです。

楽天ワンデリバリー

楽天市場_店舗運営Naviから引用

背景

配送料金の値上げや人材不足、時給高騰などにより、物流に関するコストアップが著しく、EC業界全体に影響が出ています。現状の物流業界の構造上、配送キャリアの選択肢は限られており、店舗が独自に物流網を構築するには限界があります。それらを解決する為に、楽天が自ら新たな物流網を構築し、提供していきます。

目的

・楽天ワンデリバリーの活用による安定した店舗運営と流通向上
・今まで以上に便利な「お届け体験」の提供

内容

既存の千葉県市川市と兵庫県川西市の物流拠点に加えて、関東・関西エリアに新規拠点を開設し、省人化・自動化の倉庫機器を導入して効率的な倉庫運営を実現していきます。
また、ネットショップの成長支援に特化したサービスの為、次のようなメリットが産まれます。

  • 土日祝日を含む365日の出荷対応を行い、翌日配送のあす楽対応エリアが全国90%以上
  • セールなどの注文が集中する時期でも梱包・発送作業を気にせず販促活動に集中可能

また、現在一部の地域(東京23区)のみで配送サービスを提供している「Rakuten EXPRESS」の配送エリアを順次拡大していきます。

「R-Mail」の変更と「R-Message」提供開始について

楽天R-Chat

楽天市場_店舗運営Naviから引用

「R-Mail」について以下の3つの条件が変更になり、新たに「R-Message」が提供されます。

「R-Mail」の変更条件

  1. 週1回無料配信キャンペーンの対象条件の改定
  2. 配信料金割引キャンペーンの終了
  3. 「R-Mail」メール配信料の改定

①週1回無料配信キャンペーンの対象条件の改定(2019年3月1日適用開始予定)

現状 メール開封から12ヶ月以内、もしくは購読開始から6ヶ月以内のお客様には週1回無料で配信
今後 メール開封から6ヶ月以内、もしくは購読開始から3ヶ月以内のお客様には週1回無料で配信

②配信料金割引キャンペーンの終了(2018年9月30日適用終了予定)

現状 月間配信通数3万通以上、送客率4%以上を満たす場合、翌月の配信単価が0.5円/通となる
今後 キャンペーン終了

③「R-Mail」メール配信料の改定(2019年3月1日適用開始予定)

現状 0.75円/通(税別)
今後 1円/通(税別)

「R-Message」の提供開始(2019年1月提供開始予定)

「R-Message」は、今までの「R-Mail」よりも、効果的にお客様へのプロモーションが行えます。

大きな機能としては以下の2点があります。

リターゲティングメール

お客様に最適な商品を案内する為に、閲覧した商品や過去に購入した商品データを元に、楽天市場が配信するメールマガジンを使ってお客様にパーソナライズされた商品を掲載して案内します。

シナリオメール

店舗様が設定した条件で、自動的・継続的にメール原稿が配信されるサービスです。例えば新規でメールを購読開始したお客様に対してウェルカムメールを自動的に送信する設定などが想定されます。

料金 100円/クリック(税別)の従量課金制

お客様が受信メールの広告をクリックした時のみ料金が発生するんですね!

R-MailとR-Messageの比較は以下の通りです。

楽天R-MailとR-Messageの違い

楽天市場_店舗運営Naviから引用

「R-Chat」の提供開始(2018年9月下旬予定)

店舗とお客様とのチャット機能「R-Chat」が全店舗に提供されます。

背景

試験的に導入したショップでの、転換率や顧客単価の向上、ポジティブなレビューなどの高い成果が確認できました。その為、お客様のニーズに合わせた、より双方向かつリアルタイムのやり取りが可能なチャット機能を導入し、興味を持ったお客様の購入までの意思決定を短時間で実現させることが可能となります。

目的

・店舗独自のおもてなしや接客を実現する
・興味から購入意思決定までのスピードアップ

内容

店舗とお客様のチャットで、店舗の担当者がログイン中の場合のみ使えます。

料金
楽天R-Chat料金表

楽天市場_店舗運営Naviから引用

  • 利用の有無に関わらず固定費は発生します。
  • 追加アカウントは1アカウント5,000円/月が必要です。
  • 会話とは、チャットの開始から終了までを指します。
  • 100会話を超えた分のみが課金対象です。

全店舗提供=強制参加なのに有料なんですね・・・

2018年は1アカウント無料で利用できるみたいなので、その間に売上アップ目指してたくさん活用しちゃいましょう!

まとめ

楽天ワンデリバリーについては、大型ショップにとってはマイナス要素が強い可能性があります。既に自社倉庫を購入してしまった、人員増加をしてしまったというショップもたくさんあります。

逆に今まで自社でやってきたが、売上増加に伴いこれから増員していく予定だったショップ、倉庫も検討していたショップなどはこのワンデリバリーがメリットある内容になるのではないでしょうか。

R-Chatについても賛否両論ありますが、何かを新しく始める場合、必ず反対意見は出てきますが、その環境に対応していく順応性もネットショップ運営では大事になってきますね。

環境が変えられなければ、考え方を変えるしかありません。

試験店舗では転換率向上という検証結果も出ています。ネガティブな意見はいくらでも出せますが、ポジティブに考えて、活用方法を模索していきましょう。