ネットショップ制作・運営・コンサルティングなどのご依頼・ご相談・お問い合わせはこちらから
楽天市場

【追加情報】楽天サムネイル画像のルールの詳細について

楽天サムネイル画像_違反点数制度対象_追加情報

本日、楽天市場から「商品画像登録ガイドライン」についての補足説明がありました。

やはりみなさん、混乱しているようです。

一度整理してみましょう。

前回の記事を読んでいない方はまずはこちらからご確認ください。

なお、この記事の情報は2018年8月9日時点の内容です。

「商品画像登録ガイドライン」の判定について

前回の記事と同様の内容ですが、再度確認しておきましょう。

サムネイル画像のルール
  1. テキスト要素占有率20%以下
  2. 枠線なし
  3. 背景画像は写真背景or単色白背景のみ

各項目が◎、△、×の3段階で判定されます。

総合判定と各項目ごとの判定との関係性はこちらの表を参照してください。

総合判定 テキスト要素占有率 枠線 背景 補足
全て◎
1つでも△がある場合
× × 1つでも×がある場合
× × 1つでも×がある場合

 

判定基準

◎ ガイドラインの基準を満たしている
△ 基準を満たしているが、NGに近い場合(例:枠線の使用はないが、枠線に近い表現を使用など)
× 基準を満たしていない

テキスト要素について

サムネイル画像の中で、商品画像以外のものをテキスト要素と判断します。

テキスト要素に含まれるものと、含まれないものをみていきましょう。

テキスト要素に含まれるもの

  • ロゴ(商品・ブランド・企業)
  • 産地、容量等の補足情報
  • 送料無料、値段等の補足情報
  • 商品が写っていない写真(生産者の顔写真のみなど)
  • イラスト
  • ウォーターマーク(画像中の透かし文字、ロゴ等)
  • No imageの文字
  • 画像クレジット

テキスト要素に含まれないもの

  • 商品自体を身につけている、利用している写真
    (その商品によって生み出されたものも含む。例)「かき氷機+かき氷」、「印鑑+印影または印影のみ」など)
  • カラーバリエーション(商品全体が写っている必要はありません。)
  • 商品の模様、素材等の拡大
  • 商品のセット内容(付属品等)
  • 化粧品、クリーム等は利用後の状態を示す写真
  • 商品自体の別カット
  • 商品のパッケージやラッピングのカット
  • 商品自体に印刷されている文字

テキスト要素の例

どの部分がテキスト要素で、どの部分はテキスト要素に含まれないのか、例を参考に確認してみましょう。

赤枠で囲われた部分 ⇒ テキスト要素に含まれる
青枠で囲われた部分 ⇒ テキスト要素に含まれない

サムネイル画像_テキスト要素

楽天市場_店舗運営Naviから引用

枠線について

枠線については、画像の構成次第でNGになってしまいますので注意しましょう。

枠線の例【その①】

こちらの画像で比べてみましょう。

サムネイル画像_枠線_例1

楽天市場_店舗運営Naviから引用

右の画像はカラーバリエーションを掲載する部分の背景を白にしてしまったので、白い枠とみなされてNGになってしまいます。

また、次の画像のように、境界線をぼかしていても枠線と判断されてNGとなります。
サムネイル画像_枠線_例4

楽天市場_店舗運営Naviから引用

枠線の例【その②】

長方形のロゴやアイコンについては、辺に対して50%以上ある場合、枠線と判断される可能性があります。
サムネイル画像_枠線_例2

楽天市場_店舗運営Naviから引用

左の画像は枠線ではなくデザインされたものですが、辺に対して50%以上あるので枠線とみなされる場合があり△判定となります。

右の画像も同様に枠線とみなされる場合があります。

枠線の例【その③】

正方形や円形などのオブジェクトが連続して並んでいる場合、枠線と判断される可能性があります。
サムネイル画像_枠線_例3

楽天市場_店舗運営Naviから引用

枠線の例【その④】

カラーバリエーションの画像の切り抜きに縁取りを入れて連続して並べても問題ありません。
サムネイル画像_枠線_例5

楽天市場_店舗運営Naviから引用

この縁取り画像が左の辺に沿って画像の高さいっぱいに並んでいる場合は、カラフルな枠線と判断される場合がありますので注意してください。

背景について

背景写真、もしくは単色白ベタ塗り(カラーコード #FFFFFF(R255, G255, B255))のみ利用可能となっています。

背景写真の例

背景写真は1枚写真もしくは、商品と関連する画像背景は利用可能です。

次のような画像は、背景写真とみなされます。

  • 「商品のダイニングテーブルと室内」、「ワンピース着用モデルとスタジオの壁」のように商品と同時に撮影した1枚画像
  • ワンピース着用モデルの画像に、切り抜いたワンピースの画像
  • 商品で作ったかき氷の1枚画像に、切り抜いたかき氷機の画像

単色白ベタ塗りと背景写真の違い

楽天にこのような問い合わせが多く寄せられているようです。

スクリーンをバックに撮影した場合、ベタ塗りとみなされますか?

これに対する楽天の回答が非常に曖昧で、結局基準がわかりません。

楽天の回答はこちらです。

サムネイル画像_背景_例1
サムネイル画像_背景_例2

楽天市場_店舗運営Naviから引用

○と△の基準が曖昧ですので、△になりそうな背景を使用しないことをおすすめします。

まとめ

まだまだ細かいルールの追加や、変更があるかもしれません。

商品数の多いショップでは、膨大な作業量になりますので、早めに対策していきましょう。

新たに情報が出たら追加情報としてまとめていきますので、是非そちらもチェックしてくださいね。